八ヶ岳 自然 山旅

赤岳に登りま専科!?


八ヶ岳の主峰「赤岳」登山をサポート

赤岳にこだわった赤岳のためのガイドプラン


赤岳登山ツアー

八ヶ岳の主峰「赤岳」(標高2899m)。八ヶ岳は日本百名山のひとつですが、赤岳に登ってはじめて百名山の一座に登ったと言えるでしょう。赤岳は一般登山道だけでも、八ヶ岳の主稜線の他、文三郎尾根、地蔵尾根、真教寺尾根、県界尾根を登るのコースがあります。赤岳への登りのコースタイムは最短で4時間、その内2時間は急峻な尾根を登ります。上部は岩場で鎖場や梯子が連続するコースです。

ここでは、美濃戸口から最短コースのガイドプランや登山情報をはじめ、登山初心者が赤岳に登るための準備プランを紹介しています。また、中級者向きの赤岳へのこだわりのロングコースも紹介しています。 

赤岳登山ツアー

<八ヶ岳ネイチャークルーズの赤岳ガイドプランの特徴>

・お一人様から実施可能。

・ご希望の日程や集合時間で実施。

・赤岳登山のための準備プランを用意。

・様々なコースから赤岳攻略が可能。

赤岳登山ツアー
赤岳登山ツアー
赤岳登山ツアー
赤岳登山ツアー
赤岳登山ツアー

※当ページの各プランは、お客様のご希望の日程や集合時間で実施するカスタマイズガイドプランです。お申し込みの際は、下の「ガイドスケジュール」をご参考の上、ご希望の日程をご指定いただけます。

ガイドスケジュール


※「Pガイド」は既に予約が入っている日程となっております。

最短コースで登る赤岳ガイドプラン


赤岳登山ツアー

赤岳山荘駐車場から南沢コースを通り、行者小屋から文三郎尾根を登る最もポピュラーで、赤岳への最短コースを登るプランです。体力や経験に合わせ日帰りコース、1泊コースからお選びいただけます。美濃戸口からガイドの車で赤岳山荘駐車場まで同行することにより時間短縮が可能。

体力に自信のある方は、文三郎尾根より難易度が高い地蔵尾根からのコースも承ります。

赤岳登山最短コース

地蔵尾根コース

時期:5月下旬~11月上旬

コースタイム:登り4時間、下り3時間

標高差:約1200m

登山レベル:3-C(行動時間が8時間程度で、鎖場や梯子のある一般登山道)

赤岳登山情報


赤岳のための登山装備

赤岳登山情報

赤岳登山では、通常の登山装備に加え、上部岩稜帯ではヘルメットを着用することが望ましいです。鎖場や梯子が連続し、山頂の北峰と南峰の間は切れ落ちた痩せ尾根になっています。

また、落石などの心配もありヘルメットは是非揃えておきたい装備です。

赤岳では10月にもなると降雪があります。

10月~11月初旬に行かれる方は、軽アイゼンやチェーンスパイクを持参してください。

11月中旬以降は本格的な雪山登山になります。

 

赤岳登山の拠点となる山小屋

赤岳登山情報
赤岳展望荘

赤岳周辺には、山頂の赤岳頂上山荘、地蔵の頭側にある赤岳展望荘、北沢コースの標高2200m付近の赤岳鉱泉、南沢コースの標高2350m付近の行者小屋があります。赤岳鉱泉と行者小屋にはテント場、水場があります。

初心者の方は、赤岳鉱泉又は行者小屋に1泊して、赤岳を目指すのがいいでしょう。

 

赤岳頂上山荘HP

赤岳展望荘HP

赤岳鉱泉・行者小屋HP

 

 

赤岳 登山 ガイド
赤岳鉱泉
赤岳 登山 ガイド
行者小屋

登山口へのアクセス、宿泊施設

赤岳への一般的な登山口は美濃戸口になります。八ヶ岳の西麓・茅野市にある美濃戸口へのアクセスは、

お車の場合:中央自動車道 諏訪南ICより約20分 

公共交通機関の場合:中央本線茅野駅下車 路線バスで美濃戸口行で約30分

車の場合は、美濃戸口にある八ヶ岳山荘の駐車場(有料)か、さらに林道を進んだ赤岳山荘の駐車場(有料)が利用できます。首都圏からは美濃戸口行の登山バス(毎日アルペン号)があります。

前泊する場合は、美濃戸口の「八ヶ岳山荘」、又は「yatsugatakeJ&N」が近くて便利です。

八ヶ岳山荘HP

yatsugatake J&N HP

赤岳登山情報
八ヶ岳山荘
赤岳登山情報
yatsugatake J&N

赤岳登山のための準備プラン


段階を踏んでステップアップしていくことが、赤岳への近道です。経験や体力に合わせてご希望のステップから始められます。

ステップ1 岩場の鎖場・梯子に慣れる

赤岳の上部は岩場のクサリ場や梯子が連続するコースで、高度感もあります。岩場やクサリ場に慣れ、スムーズに登下降できるようにしておきましょう。

瑞牆山(瑞牆山荘コース)


瑞牆山

岩場やクサリ場に慣れるならまずはこの山から。期間:

5月~

三ツ岳


三ツ岳

高度感のある岩場、クサリ場に慣れておく。

期間:

5月下旬~



ステップ2 急斜面の登りに慣れる

赤岳の登山道は、後半の半分ほどが急斜面の登りになります。2時間程の急な登りにも耐えられる体力を身に付けておきましょう。

編笠山


編笠山

上部の高低差400mの急な登りがよい練習になる。 

期間:

5月中旬~

蓼科山(すずらん峠コース)


蓼科山

断続的に現れる累計高低差600mの急な登りに耐えられるか? 

期間:

5月中旬~



ステップ3 4時間の登りに耐える

赤岳へのコースは最低でも4時間のコースタイムです。4時間登り続けられる体力と忍耐力が求められます。4時間程度登る山に慣れておくことが大切になります。

天狗岳(日帰り)


天狗岳

3時間半の登りの山。余裕をもって登れれば赤岳は近い。2500mを越える高所順応も。

期間:

5月中旬~

金峰山(瑞牆山荘コース)


金峰山

4時間超の山に登れれば赤岳も見えてくる!

瑞牆山荘から日帰りで金峰山に挑戦。 

期間:

5月中旬~


こだわりの赤岳登山コース


赤岳登山ツアー

南八ヶ岳縦走1泊


南八ヶ岳 赤岳 縦走登山 ツアー

美濃戸口から南八ヶ岳の硫黄岳~赤岳を縦走する八ヶ岳の難コース。梯子とクサリが連続するアップダウンの先に赤岳がある。硫黄岳山荘泊。

期間:

5月下旬~

登山レベル:

3-C 初中級者向き

横岳~赤岳縦走1泊


赤岳 縦走登山 ツアー

八ヶ岳の東麓から杣添尾根を登り、横岳~赤岳を縦走、鎖場が続く県界尾根で下山。 赤岳展望荘泊。

期間:

5月下旬~

登山レベル:

2-B 初中級者向き




赤岳登山ツアー
初冬の赤岳