親子登山  夏休みの自由研究シリーズ

夏休みの課題も解決、一石二鳥の親子登山


ライチョウ 登山 ガイド

親子で楽しむ山登りをサポートします。

子供と共に山登りをする体験は、同じ目的に向かって体を動かし、汗を流し、自然の中でお弁当を食べることで、かけがえのない共感が生まれます。自然に親しみ、普段見られないような景色や動植物に出会い、子供にとっても五感を養い、自然とのふれあいを通して「いのち」の大切さを実感できるよい機会にもなります。そして何よりも自然の中で家族と過ごした特別な思い出となることでしょう。

八ヶ岳ネイチャークルーズでは、安全な親子登山と子供の自然とのふれあいをサポートしています。

ぜひこの夏、ご家族で山にお出かけください。

 

夏休みの自由研究にも役立つ山登りプラン

親子で山登りを楽しみながら、夏休みの自由研究にも役立てられるように、研究テーマを設定した山登りプランを2コース夏休み期間限定でご用意しました。いずれもひと家族ごとにご希望の日程で実施するプラベートなガイドプランです。また、あとから自由研究としてまとめられるよう資料の提供をいたします。夏休み限定子供割引、人数に応じたお得な料金設定もございます。詳細についてはプラン詳細ページをご覧ください。

 

①編笠山登山

毎年地元の小学生登山が行われている八ヶ岳南方にある編笠山。登りのコースタイムは3時間ほど。登山口の標高が1600mほどで山頂が2500mほどなので1000m近い標高差を登ります。日帰りでの登山も可能ですが、体力に自信のない方やのんびりと登りたいという方は、山小屋に1泊することも可能です。子供にとっても山小屋に泊まる貴重な経験になるかもしれません。

標高1600m~2500mの山地帯~高山帯までを、約3時間で体験できる八ヶ岳でも希少な山ですので、高度による植生の変化をテーマに登ります。

 

②茶臼山登山と地獄谷探訪

北八ヶ岳の麦草峠から約1時間あまりで標高2400mほどの山頂に立つことができる茶臼山。茶臼山に登った後、地獄谷と呼ばれる八ヶ岳では珍しい神秘的な火口跡を訪れます。北八ヶ岳は日本でも有数のコケのスポットですので、茶臼山に登る途中の森の中で、コケの生態とコケの森の中での役割をテーマとしてコケの観察を行います。

 

①編笠山登山

期 間:

7月中旬~8月

行 程:  

①日帰り又は②山小屋1泊

コースタイム:

①登り3時間10分、下り2時間30分

②(1日目)3時間30分(2日目)2時間30分 

登山レベル:

①2-B(1日の行動時間が6.7時間の登山道)

②1-B(1日の行動時間が4-5時間の登山道)

小学5年生より 

研究テーマ:

「山の高さによる植物の種類の違いについて(植生の垂直分布)」

標高の違いによる植物や環境の変化を観察し、またそれはなぜ変化するかについて考えます。

研究テーマの対象は小学5年~中学生

所要時間:

①休憩や観察を含め7時間程度

②茶臼山登山と地獄谷探訪

期 間:

7月中旬~8月

行 程: 

日帰り

コースタイム:

登り1時間10分、下り50分、地獄谷往復1時間 

登山レベル:

1-B(所要時間が3時間の登山道)

小学3年生より

研究テーマ:

「コケの観察」

コケの特徴や生態観察、生育場所の違いによる分類、コケが森に及ぼす役割などを考えます。

研究テーマの対象は小学3年~中学生

所要時間:

休憩や観察を含め4時間程度