その他のエリア

北アルプス・中央アルプス


乗鞍岳 登山 ガイド
肩の小屋からの乗鞍岳

乗鞍岳(のりくらだけ)

乗鞍岳は北アルプスの南端に位置し、長野県と岐阜県に跨る剣ヶ峰(標高3,025m)を最高峰とする23の峰からなる火山の山。日本百名山のひとつ。日本で19番目に高い山で、火山としては富士山、御嶽山に次ぎ3番目に高く、大分水嶺の山としては最高峰。

一帯は中部山岳国立公園に指定されている。山頂周辺には火山湖が点在し、美しい景観を形成し、高山植物やライチョウが生育するまさに天空の楽園といった感じだ。

 

バスが畳平(標高約2700m)まで通っており、手軽に登れる3000m峰として人気が高い。

登山コースは複数あるが、畳平からのコースが最短で1時間30分ほどで剣ヶ峰に至る。長野側は、乗鞍高原から6時間ほど、岐阜側は、丸黒尾根を登る日影平口からのコースや丸蔵ノ尾根を登る青屋口からのコースなどがあるが何れも9時間以上かかる。

山小屋は、山頂北側直下の肩の小屋、畳平の白雲荘、銀嶺荘、乗鞍高原からのコース上にある位ヶ原山荘などがある。

 

アクセス:畳平へのアクセスは、シャトルバスで岐阜側からは平湯バスターミナルより60分又は、ほうのき平駐車場から45分、長野側からは乗鞍高原観光センターからシャトルバスで50分。

 

木曽駒ケ岳 登山 ガイド
中岳からの木曽駒ケ岳

木曽駒ケ岳(きそこまがたけ)

木曽駒ケ岳は中央アルプスの最高峰(2,956m)で、日本百名山のひとつ。

千畳敷カールに代表される氷河地形が発達し、付近には急峻な岩山の宝剣岳がそびえ、山体の大部分は花崗岩からなるため、その独特の白い岩峰が素晴らしい景観をつくりだしている。

ロープウェイ駅が日本最高所の標高2,612mにあり、そこから千畳敷、乗越浄土、中岳を経て約2時間ほどで木曽駒ケ岳の山頂を踏むことができるため、手軽に登れる3000m峰として人気が高い。山頂付近には、駒ヶ岳頂上山荘、天狗荘、宝剣山荘、駒ヶ岳頂上木曽小屋、玉乃窪山荘などがあり、千畳敷駅にはホテル千畳敷がある。

高山植物も豊富で、特にここでしか見れないコマウスユキソウが生育する。

中央アルプスでは絶滅していたライチョウが最近発見され、2020年には乗鞍岳からのライチョウのi移住などが行われ、ライチョウの復活が注目を集めている。

 

アクセス:千畳敷駅までのアクセスは、菅の台センターから路線バスで駒ヶ岳ロープウェイの乗車駅しらびそ平まで約30分、ロープウェイで約8分ほど。菅の台センターまでは車で中央自動車道駒ケ根ICから約5分、駒ケ根駅からは路線バスで約15分(駒ケ根駅から路線バスでしらびそ平まで約45分)。菅の台バスセンターには駐車場(有料)がある。