南アルプスエリア(北部)


入笠山(にゅうかさやま、にゅうがさやま)

南アルプスの北部にある標高1,955mの山。

南アルプス国立公園には含まれないが、南アルプスユネスコエコパークや南アルプスジオパークに登録されている。また、入笠山の周辺にあるスズランで有名な入笠湿原は、長野県の自然環境保全地域に指定されている。

富士見パノラマスキー場のゴンドラ山頂駅からだと、約1時間ほどで山頂に立てる。登山コースとしては、沢入登山口からのコースが一般的で、山頂まで約90分ほど。

山頂は、ほぼ360度の大展望が広がり、南アルプス、中央アルプス、八ヶ岳、富士山、北アルプスまで望める。周辺の大河原湿原や入笠湿原では、様々な湿原植物などの観察ができる。

山の北東側斜面は富士見パノアラマスキー場、西側には牧場が広がり、付近にはJAXAの観測所などもある。入笠湿原付近には、「山彦荘」、「マナスル山荘」などの山小屋がある。

 

アクセス:富士見パノアラマスキー場まで、中央自動車道南諏訪ICから約10分。JR中央線「すずらんの里駅」「富士見駅」からタクシーで約10分。「富士見駅」とスキー場間は、シャトルバスが運行している。

また、沢入登山口(駐車場・トイレ有り)から入笠花畑までの区間は、4月~11月まではマイカー規制が実施されている。