ストックの上手な使い方


 

ストックを使用する前に知っておきたいこと

 

ストック(又はトレッキングポールともいう)は、上手に利用することにより、より登山を快適にし、疲労しにくいというメリットがあります。もちろん膝に自信のない方や体力に自信のない方には有用ですし、そうでない方でも、特に下山のときには膝に負担が掛からずに、余裕を持って歩く手助けとなります。

 

ただし、ストックはあくまでも補助的な道具ですので、これに頼りすぎることは危険です。

 

ストックとの上手な付き合い方をご案内します。

 

 

 

ストックの効果

 

ストックを使いことによる効果は、以下のとおりです。

 

・歩いているときにバランスを確保する。

 

・歩く時の推進力になる。

 

・下りのときは、膝への衝撃力を和らげる。

 

 

 

ストックの種類

 

ストックは、持ち手がTの字型のものと、スキーのストックのように持ち手がI型のものとがあります。通常T型は1本で、I型は2本で使用します。T字タイプは下りのときに効果を発揮しますが、上記のストックの効果をフルに発揮するためには、I型を2本で使用することをお勧めします。

 

長さ調節の方法も、何種類かあり、レバーロックで止めたり緩めたりするタイプ、回して調節するスクリュー式、折り畳み式などがあります。

 

使用しないときはストックを短くして、ザックに取り付けます。手に持つときは、短くしたストックの中ほどを持ちます。

 

ストックの先には、カバーがあり、ザックに取り付けるときや、短くして手に持つときは、必ずカバーを付けた状態にします。

 

使用するときは、カバーを取りますが、木道など登山道を傷つけないようにする場合は、カバーを付けたまま使用します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ストックの使用方法について

 

ストックの持ち方

 

まずはストックの持ち方ですが、I型タイプを2本で使用する場合でご説明します。

 

ストックの持ち手には、ストラップが付いていますので、基本はストラップに下から手を通してグリップを握ります。ストラップに手

 

を通すのは、グリップを放しても落ちないということと、グリップを強く握らなくても握る手首が安定し、楽にストックを操ることがで

 

きるというメリットがあります。ただし、デメリットとして、転倒したときにストックがすぐに手から外れず、手で転倒をカバーし難くな

 

る、あるいは上手く手を付けずに、手首を痛めるという危険性があることを頭の隅に置いておいてください。

 

 

 

下りでのストックの握り方は、グリップを上から抑えるように持つ方法もあります。この方が下への力を抑えるのに好都合で

 

す。

 

   

 

ストックの長さ 登りと下りの違い

 

ストックの長さは、平らな道でグリップを握って、ストックの先を地面につけたときに、ひじが90度ほどになるのが基本です。登り

 

のときは、それよりやや短く、下りでは長くします。

 

   

 

歩き方

 

ストックと足の運びは交互になるように、右足が前のとき、ストックを握る左手が前にくるようにします。ポールの運びがやや先に

 

でます。このときあまり前に突き過ぎないようにします。2本のストックは平行になるよう操作し、ハの字やVの字にならないよう

 

に注意しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ストックのメンテナンス方法

 

ストックの使用後は、必ずメンテナンスを心掛けましょう。メンテナンスと言っても、簡単なお手入れです。これをやらないと、連結部が錆びたり、腐食して、連結部が固定され、長さ調節ができなくなったりします。

 

使用後のお手入れは以下のとおりです。

 

1. トレッキングポールの連結部を外し、シャフトごとに分解します。

 

2. 乾いた布で水気や汚れをふき取ります。

 

3. そのまましばらく放置し、内部をしっかり乾燥させます。

 

これだけです。要は、シャフト内部に入った汚れや水分を、使用のたびに細目にきれいにしておきましょうということです。

 

雨が降っていなくても、山の中では湿気があり、水分がシャフト内部に侵入している可能性もあり、晴れた日の使用後も、そのまま放置せず、欠かさずお手入れをしましょう。これが長持ちさせる秘訣です。