靴紐の結び方


 

靴紐の締め方、結び方

 

 

 

 登山中に靴紐が解けやすいという方必見です。

 

登山中に何度も組紐が解けてしまう。さっきしっかりと結んだはずなのに、また解けている。スパッツをとって見ると靴紐が緩んでいるなど、これも登山中にはストレスになりますね。

 

 

 

 登山中は、普段の歩行よりも、足に力が入り、足が中から靴を押し上げる力が働き、普段靴では解けないのに、登山靴だと解けることがあります。

普通の結び方に一工夫することで解けにくくなります。

 

 

 

 解けにくい靴紐の結び方はいろいろあり、イアン・セキュア・ノットと呼ばれる、通常の結び方の過程で、輪っか部分を前から後ろからそれぞれ通す結び方や、ベルルッティ結びと呼ばれる、通常の結び方の過程で、1回ずつ余計に結ぶ方法です。

 

一番簡単で比較的解けにくいのが、通常どおり結び、最後に輪っか部分だけをもう一回結ぶという方法です。

 

 

 

 Dリングの紐の通し方でも工夫する方法があります。

 

Dリングに紐を通すときは通常、フックは下から上へとまわしてかけていきすが、ここで一工夫、最初に一番下にかけ、次に一番上にかけ、最後に真ん中のリングに通して結ぶ方法です。

 

この方法に上記の結び方を組み合わせれば、かなり解けにくくなります。

 

 

 

 いろいろ試してみて、ご自身にあった結び方を工夫してみてください。