登山靴の紐の結び方

登山靴の解けにくい結び方


ひと工夫で解けにくくなる登山靴の結び方


登山中に何度も組紐が解けてしまう。

さっきしっかりと結んだはずなのにまた解けている。

スパッツをとって見たら靴紐が緩んでいた。

こんな経験のある方は必見!

 

登山中は、普段の歩行よりも足に力が入り、足が中から靴を押し上げる力が働くため、普段の靴よりも登山靴のほうが解けやすいもの。

登山靴を解けにくくするには、普通の結び方にひと工夫するだけ。

 

解けにくい靴紐の結び方はいろいろあり、イアン・セキュア・ノットと呼ばれる、通常の結び方の過程で、輪っか部分を前から後ろからそれぞれ通す結び方や、ベルルッティ結びと呼ばれる、通常の結び方の過程で、1回ずつ余計に結ぶ方法など。

 

でも一番簡単で比較的解けにくいのが、通常どおり結び、最後に輪っか部分だけをもう一回結ぶという方法。これだけで全然違うはず。

  

登山靴 靴紐の結び方

①輪っか部分が少し長くなるように結ぶ。

登山靴 靴紐の結び方

②輪っかだけでもう一度結ぶ。


Dリングの通し方ひとつで解けにくくなる方法


登山靴の紐の通し方にも、ひと工夫加えると解けにくくなる方法がある。

 

リングに紐を通すときは通常、フックは下から上へとまわしてかけていくが、ここで一工夫、最初に一番下にかけ、次に一番上にかけ、最後に真ん中のリングに通して結ぶ方法。

 

真ん中で結ぶことにより、歩行中に力が掛かりにくくなり、解けにくくなるというわけ。

 

この方法に上記の結び方を組み合わせれば、かなり解けにくくなること間違いなし!