スノーシュー基本装備

初めての方のためのスノーシュートレッキングに必要な装備


基本装備


当ホームページで募集する体験型スノーシューやスノーシュートレッキングなどでは、標高の高い山の稜線や森林限界を超えた場所へは行きません。せいぜい標高2000m前後の樹林帯の中を歩くのがメインとなります。そのため本格的な雪山装備をお持ちでない場合でも、代用品などで補うことができる場合もあります。また、スキー場での集合の場合は、レンタル品も充実しており、装備を買い揃えなくても参加可能です。

スノーシュートレッキングでの基本的な装備と役割をまとめましたので、参考にしてください。

 

⇒雪山登山の場合の装備はこちら

 

※左端の印は、必要度合いを示し、以下の凡例のとおり。 

◎絶対に必要  〇必要  △有れば便利

 

<装備>

◎帽子   

寒さ対策として耳まで覆える保温性の高いニットキャップ。

現地レンタル有。

◎手袋   

防水のためのアウターと保温性のためのインナーの組み合わせ。(一体型のものでも可。スキー用グローブでも可。)

現地レンタル有。

◎ウェア  

雪山のウエアも夏山と同様にレイヤリング(重ね着)が重要。アウターレイヤー、ミドルレイヤー、ベースレイヤーの3層構成が基本。⇒レイヤリングについては、こちら。

アウターは、防水性、透湿性機能のあるゴアテックス素材などのものがおすすめ。(スキーウェアやスノーボードのウェアでも可。無い場合は、防風性、防水性、透湿性に優れたレインウェアでも可。)

現地レンタル有。

ベースレイヤーは、透湿性のあるウール素材などを着用したい。        

◎パンツ  

ウェアと同様、冬用パンツに加え、ベースにタイツなど、アウターにオーバーパンツなどを備えたい。冬用パンツがなければスリーシーズン用の保温性のある登山用パンツであれば可。(アウターは、スキーウェアやスノーボードのウェアでも可。ない場合は、防風性、防水性、透湿性に優れたレインウェアでも可。)

現地レンタル有。

◎靴    

有れば雪山用登山靴、無ければ通常の登山靴。(登山靴が無い場合は、スノーブーツや長靴でも可。)

現地レンタル有。

◎靴下  

厚手のもので、透湿性のあるウール素材など。

◎リュック

夏山で使用しているもので可。

◎サングラス 

雪面から照り返す紫外線対策。ゴーグルでも可。

現地レンタル有。

◎スパッツ 

雪の侵入を防ぎ、保温効果を高めてくれるアイテム。雪山用の長尺のもので、防水性のあるもの。アウターにインナースパッツが付いていれば不要。

◎スノーシュー 

現地でレンタル有

◎ストック   

歩行のバランスをとる必需品(バスケット付)。 

現地でレンタル有

 

<持ち物>

◎水分

保温性の高いテルモスに入れて持参。温かい飲み物が入れられる保温性のある水筒がよい。冬山でも意外と汗をかくので、夏と同様の量が必要。⇒夏山の水の量を参照。

※ペットボトルなどの飲料水は寒さで凍ってしまう。

◎行動食(携行食) 

おにぎりなどは凍ってしまうので、パン、カロリー食、お菓子(特に甘いもの)などを携行。

〇 タオル

〇ティッシュ 

〇 健康保険証コピー

〇 救急医薬品

〇 日焼け止め  

雪面の照り返しによる紫外線対策。夏山以上に必要。

△ 時計

△ カメラ

△ ヘッドランプ

△ゴミ袋

△使い捨てカイロ

 


スノーシュー


スノーシューとは、西洋式カンジキで、日本のカンジキ(ワカン)よりも、接地面積が大きいため、浮力が強く働き、足が雪に沈みにくくなる。ブーツ(登山靴など)を履いて装着する。通常ストック2本とセットで使用する。

 

一般に靴で雪道を歩こうとすると、雪が深いと足が沈んで歩き難くなるが、スノーシューを装着していれば、足が雪に埋まらずに歩けるようになり、疲労も軽減してくれる便利な道具。

 

靴にスノーシューを装着するビンディングは、スノーシューによって、ストラップ式、ラチェット式などがある。また、スノーシューの種類は大きく分けて2種類あり、緩斜面を歩くタイプと、もう一つは急斜面を登る登山用とがある。登山用のものは、クランポンという雪面をグリップさせ、滑りを防止する爪が、スノーシューの裏や側面についている。

 

斜面を登る際に、スノーシューの面を水平に近づけ、ふくらはぎへの負担を軽減してくれる、ヒールリフターがついているものがおすすめだ。

 

 スノーシューの歩き方についてはこちらに掲載しています。