レインウェア選び・雨への対策


雨のときにも、山に入るためには・・・。

 

 

事前準備・心得 

 

レインフェアなどの雨具は、登山の必須装備です。

 

登山当日に雨予報がないからといって、雨具を持って行かないのはNGです。山の天気は変わりやすく、急な雨に遭うこともあります。必ず持参しましょう。

 

雨や汗によって着ている服が濡れてしまい、そのまま強い風にさらされると、体温が奪われて体力を消耗します。場合によっては低体温症になることもあります。

 

また、雨具はすぐに取り出せるよう、天蓋やザックの上部などに収納するようにしましょう。

 

ザックの中身を雨から守るため、ザックカバーなどを使い、雨の侵入を防ぐようにしましょう。

⇒雨対策パッキング方法は、「上手なパッキング方法」をご参照ください。

 

 

 

 

レインフェア購入の際には、以下の点をチェックしましょう。

 

登山のレインウェアは、ジャケットとパンツが分かれたセパレートタイプが適しています。

 

レインコートやザックの上からかぶる"ポンチョ"と呼ばれるものもありますが、動きづらく、また風の強いところでは風にあおられやすいので危険です。

 

体を濡らさず、冷やさないことが重要ですので、レインウェアは雨を防ぐのと同時に、衣服内の水蒸気を逃してくれる透湿性に優れたものが適しています。防水性と透湿性に優れた素材の代表は、GORE-TEX®(ゴアテックス)です。

 

ゴアテックスは、夏場の防寒具や風よけとしても活躍します。

 

また、レインフェアは、登山靴を履いたまま履くことになりますので、裾の部分がジッパーで開閉できるものが履きやすいです。

 

ベンチレーター(換気口)のあるものは、熱を逃すことができるので、ベンチレーターがあるかどうかもレインウェア選びのポイントです。

 

 

レインウェア以外の雨対策グッズとしては、まずは帽子です。多少の雨であれば帽子が頭部の濡れを防いでくれます。帽子は頭部の保護、紫外線の防止

などの役割の他に、雨対策としても重要なアイテムです。帽子にも、ゴアテックス素材を使用したものがあります。

 

スパッツは泥避けの他、靴の中に雨水が浸入するのを防ぐ機能もあります。

 

グローブ(手袋)も保温機能やけが防止機能の他、雨からの濡れを防止し、滑り止めつきの手袋であれば、雨に濡れた梯子や鎖などの鉄製のものに

捕まった際にも滑りにくくなります。

 

登山の場合、両手を開けておく必要があるので、通常傘は使用しませんが、雨が降り続くような場合、冷えや消耗を最低現に抑えることも出来るので、凹凸の少ない比較的平坦な安全な道では、便利な場合もあります。登山用の軽量な折り畳み傘もあります。

 

これら防水グッズは、使用後、洗濯のあとには必ず撥水スプレーを利用することも忘れないようにしましょう。

 

 

 

雨のリスク対策

 

登山中に雨に降られたときのリスク対策について触れておきます。

雨による濡れ、風や雷、視界不良など様々な影響か考えられます。

 

・低体温症への恐れ

森の中では多少の雨では危険性は少ないですが、森林限界になると、遮るものがなく、風をもろに受けるため、濡れによる低体温症の恐れがでています。雨の時は森林限界にでるときに判断が必要です。

 

・雷注意

雨のときは、積乱雲が発達していることもあり、雷の被害が考えれます。遠くで雷の音が聞こえたときは、風向きによってはあっという間に雷雲が近づくときもあります。森林限界ではそのリスクはより高まりますが、森の中でも雷の被害は考えれます。どこにいても雷の対処は必要です。雷警報・注意報が出ているときは、早めに行動を切り上げて安全地帯(最寄りの山小屋など)に避難するのが賢明です。

 

・視界不良

視界不良による道迷いや滑落の恐れも考えれます。

 

・スリップ注意

雨のため足元も滑りやすくなります。特に岩や木道、木の根っこなどは滑りやすいので注意しましょう。

 

・落石注意

地盤が緩むことによる、落石、土砂災害も考えれます。

 

・増水注意

沢沿いの道や、渡渉するような登山道は、増水や鉄砲水なども考えられます。出来るだけ沢には近づかないようにしましょう。

 

・脱水症状の恐れ

雨に降られると、蒸しばんで汗を大量にかきます。そのため雨の日でも水分補給を忘れないようにしましょう。長時間歩いていると脱水症状になることもあります。

 

雨の時は予定を変更する判断も求められます。標高が低い山や短い行程に変更することも考えましょう。

 

 

 

雨の楽しみ

 

雨のリスクを十分理解した上で、多少の雨なら、低山であればそのリスクも軽減されます。また、雨の日に敢えて山を歩くことは、突然の雨のときにも慌てずにすみ、登山力の向上につながることも考えられます。レインウェアが雨で濡れて、動きにくい、蒸れ、暑さ、足元が滑りやすくなる、パッキング・防水の重要性などを体験するよい機会とも捉えられます。

 

雨の中を傘も差さずに歩けるのは、登山のときぐらいです。童心に戻ったような感覚も味わえます。

 

また、木々の緑やコケの緑が鮮やかになり、雨により瑞々しさも増します。雨のときにしか見られない幻想的な雰囲気も感じられます。

 

雨を否定的にばかり考えずに、是非肯定的に捉えてみてはいかがでしょうか。