冬山登山の基本装備


積雪期の基本装備


 

積雪期の日帰り登山の基本的な装備と役割をまとめましたので、参考にチェックしてみてください。  ⇒スノーシュートレッキングに必要な装備はこちら。

 

<装備品>

 

●帽子   寒さ対策。耳まで覆える保温性の高いニットキャップ。稜線を歩くような場合は、顔全体を守る目出し帽(バラクラバ)が有用。

 

●手袋   防水のためのアウターと保温性のためのインナーの組み合わせ。ウェアと同様、レイヤリングが必要です。一体型のものでも可。

       濡れた時の予備手袋も準備しよう。の

 

●ウエア   雪山のウエアも無積雪期と同様にレイヤリング(重ね着)が重要。アウターレイヤー、ミドルレイヤー、ベースレイヤーの3層構成が基本。 

       ⇒レイヤリングについては、こちら。

 

        アウターは防水性、透湿性機能のあるゴアテックス素材などのものがおすすめ。

 

        冬でも案外汗をかくもの。ベースレイヤーは、透湿性のあるウール素材などを着用しよう。

 

●パンツ  ウェアと同様、冬用パンツに加え、ベースにタイツなど、アウターにオーバーパンツなどを備えたい。

 

● 靴     雪山用登山靴 中綿入りや皮革製で保温性が高く、防水透湿性のあるもの。

       アイゼンを装着できるよう、前後のコバのあるもの。(アイゼンと合わせて選ぶことをおすすめします。)

 

● 靴下   厚手のもので、透湿性のあるウール素材など。予備も持参したい。

 

● リュック  夏山で使用しているもので可能。

 

●サングラス 雪面から照り返す紫外線対策で、夏山以上に必須アイテム。吹雪に備えたゴーグルも。

 

〇スパッツ 雪の侵入を防ぎ、保温効果を高めてくれるアイテム。靴が雪に埋まる状況では必須。

 

       雪山登山の場合は、夏用より厚手で丈の長いもので、強度と保温性、防水性を高めたものがよい。

 

〇ピッケル 雪山登山の場合は必須アイテム

 

〇アイゼン 凍った登山道や稜線を歩く場合は、10本爪、12本爪のアイゼンが必須。

 

〇ヘルメット 稜線や岩場を歩く場合は必要。

 

□ ストック 歩行のバランスや衝撃を和らげるのに役立ち、特に雪山では夏山より有用。

 

 

 

<所持品>

 

● 水分    保温性の高いテルモスに入れ持参。冬はお湯など温かい飲み物の方がよい。

        冬山でも意外と汗をかくので、夏と同様の量が必要。  ⇒水の量はこちらを参照。

         ※ペットボトルの飲料水は凍ってしまいます。保温性のあるテルモス、水筒をご用意ください。

 

● 行動食(携行食)  夏期と同様。但し、おにぎりなどは凍ってしまうので、パン、カロリー食、お菓子(特に甘いもの)などを携行する。

 

〇 非常食  もしもの時に備えた食事で、例えばカロリーメイトなど。

 

〇地図・コンパス  積雪により登山道が消えていたり、道標が雪に埋もれていることもあり、夏以上に必要。

 

ヘッドランプ

 

ラジオ

 

ゴミ袋

 

〇 タオル

 

〇 ちり紙 

 

〇 健康保険証コピー

 

〇 救急医薬品

 

〇 日焼け止め  紫外線対策は、夏山以上に必要。

 

□ 時計

 

□ カメラ

 

〇携帯電話

 

●絶対に必要  〇必要  □有れば便利

 


アイゼン


 

アイゼンはドイツ語。英語ではクランポンという。

 

雪山の稜線でなくても、低山でも道が凍っていれば、登山靴では歯がたたない。文字通りアイゼンの「歯」が力を発揮する。

 

春先の低山や夏の雪渓では、軽アイゼン(6本歯以下)でも対応可能だが、冬の雪山登山では、1012本歯のものが必須。

 

アイゼンを装着するためには、ソールが曲がらない堅い靴であること、またワンタッチ式やセミワンタッチ式の場合は、靴のつま先とかかとにコバと呼ばれるくぼみ

があるものが必要となる。何れにしろアイゼンを購入される際は、靴に合わせてみることが大切。

 


ピッケル


 

ピッケルはドイツ語。英語ではアイスアックスという。

 

ピッケルは、雪山で安全確保のために必要な道具で、雪山登山にはなくてはならないもの。

 

通常は手に持ち、バランンスをとるために杖のようにして使うが、ピッケルの用途はそれだけではなく、ブレード(幅広の刃の部分)で凍った堅い雪や氷をカッ

ティングして足場を作ったり、急斜面を登るときにピック(細く尖った刃先)を刺して使ったり、滑落停止や耐風姿勢の際に使用したりと、様々な用途がある。

 

ピッケルの長さは、通常の山登り(縦走)の場合は、シャフト(柄の部分)の一番上を持った状態で、スピッツェ(石突:柄の一番下の尖った部分)がくるぶしにくるくらいがちょうどいいと言われている。