登山靴のメンテナンス


 

靴のメンテナンス

 

 

 登山靴は、登山用具の中で最も重要な道具です。

靴のトラブルは重大な事故にも繋がりかねません。適切なお手入れと保管を心掛け、出来るだけ長く使用できるよう心掛けましょう。

また、ずっと使用しないで置いておくことは、靴のためにもよくありません。実際の山で使用することが、ご自身の足にもなじみ、靴擦れなどのトラブルも解消されます。

 

 基本的な登山靴のお手入れの流れは、汚れを落とす→乾燥させる→撥水処理 の手順です。

 

 

 

汚れの除去

 

1)中敷き

 

中敷きは、使用するたびに取り出し、しっかり乾燥させましょう。取り外した状態で、靴内部も乾かします。

 

2)アッパー部分

 

靴用ブラシ等で汚れを落とし、汚れがひどい場合は水洗いします。あまりごしごししないように。また、靴内部に水が入らないように注意しましょう。

専用洗剤も市販されています。

 

3)靴紐

 

汚れがひどい時は、靴紐も外し、ネットに入れ、洗濯機で洗います。

 

ときには靴紐を外し、紐が痛んでいないかチェックすることも必要です。

 

4)アウトソール(靴底)

 

水洗いし、頑固な汚れにはシューズブラシや歯ブラシなどを使用し、つまった石にはドライバーなどを使用して取り除きます。

 

 

 

乾 燥

 

直射日光を避けて、風通しのよいところで数日間かけて乾燥させましょう。

 

 

 

撥 水

 

撥水処理は、汚れを取り除き、乾燥を済ませた状態で行いましょう。

 

汚れがついたまま撥水処理をしても効果はありません。

 

 

 

皮革製ブーツの場合は、保革クリーム→撥水スプレーの順で塗布し、自然乾燥させます。

 

保革剤入り撥水剤なども市販されています。

 

※保革クリームや撥水剤は、ご自身の靴の素材に合ったものをお使いいただくよう、靴を購入されたお店の方に相談しましょう。

 

 

 

保 管

 

風通しが良く、湿度が高くならない場所で、直射日光を避けて保管してください。

 

車のトランクに入れたままなどは、NGです!