· 

北八ヶ岳おすすめの茶臼山登頂と地獄谷探訪

茶臼山と地獄谷探訪

北八ヶ岳のおすすめトレッキングコース


茶臼山 登山 ガイド
麦草峠からの茶臼山

八ヶ岳を横断する国道299号線の最高所(標高2120m)にある麦草峠。高原のお花畑がある麦草苑池や麦草ヒュッテという山小屋があるところです。麦草峠からは南北に登山道が通っていて、今回紹介する茶臼山と地獄谷は、麦草峠から北に向かう登山道からはじまります。

茶臼山登山

登山道に入るとすぐに右手に茶水の池があります。この池は火山の噴火で流れた溶岩の跡に水が貯まってできたものた言われています。

池を渡って行く雨池への道と分岐しています。今回は直進します。

 

所々木道が敷かれた緩やかな登り道がしばらく続きます。シラビソやコメツガの針葉樹林の林床には、 苔の聖地と呼ぶに相応しい様々な苔が観察できます。

20分ほど歩くと大石峠にでて、また道は分岐します。茶臼山・縞枯山は右の道を進みます。

道は急になりますが、15分ほどで小さなピークにでます。その先は森が開けていて、目指す茶臼山が、その右後方には縞枯山が見える眺めのいいところです。

岩場を通り少し下って、登り返していきます。その先は標高差100mほどのまっすぐに伸びる急登となります。ここが今回のコースの一番の頑張りどころです。

登り詰めた先に茶臼山の道標がありますが、樹林帯の中で展望はありません。その先に展望台があります。

茶色の溶岩が広がる展望台からは、八ヶ岳連峰や南アルプスの山々が望めます。

また反対側にはお隣の縞枯山があり、その名の由来ともなった縞枯れ現象を見ることができます。

地獄谷探訪

茶臼山から来た道を茶水の池まで戻り、池を渡って雨池方面へ向かいます。なだらかな道でこちらも苔生した森の中を歩きます。15分ほど進むと左に入る踏み跡があります。そこを登っていくと柵があり行く手を阻まれます。柵には扉があり開けて中に入ることができます。中に入るとそこには幅70m、深さ30mほどの大きな穴があります。ここが地獄谷と呼ばれる火口跡です。火口の底に下って降りることができます。

火口というと山に上にあるイメージがあると思いますが、この火口は山の中腹にあります。火口の内部は一面コケに覆われていて、火口の底には大きな岩がゴロゴロとしていて、そこから見上げる光景は神秘的でもあります。ここは雪解けのときは一時的に池となり、夏まで雪が残っていることもあります。

<コースデータ>

コース:麦草峠~大石峠~茶臼山~茶水の池~地獄谷~麦草峠

標高差:麦草峠(標高2120m)、茶臼山(標高2384m)、標高差264m

所要時間:約3時間

駐車場:麦草峠の茅野寄りに無料駐車場20台

北八ヶ岳の苔ギャラリー

茶臼山・地獄谷探訪ガイドツアー


今回紹介しました茶臼山登頂と地獄谷探訪プランを以下で募集しています。

茶臼山・地獄谷探訪ツアー

 

また、お客様のご希望の日程や時間で実施するプランもございます。

茶臼山+地獄谷(カスタマイズプラン)

 

 

 

その他苔の森を歩くトレッキングプランもございます。

白駒池+にゅう・高見石・丸山ハイク(カスタマイズ)