カテゴリ:南アルプス



入笠山おすすめのスノーシュートレッキングコース
コース情報 · 2021/01/04
入笠山のおすすめのスノーシュートレッコイングコースを紹介します。 ゴンドラを利用して、入笠湿原から高層湿原の南限でもある大河原湿原へのスノーシューコースです。

入笠山の積雪状況
現地情報 · 2020/12/22
本日(2020年12月22日現在)の入笠山の積雪情報をお伝えします。

ガイド山行記 · 2020/10/20
南アルプスでも初冠雪のあった翌日、日向山の古道をガイドしてきました。

コース情報 · 2020/10/02
南アルプスの北端にあり、山頂が白砂で覆われていて見晴らしもよい人気の日向山。この山には一般登山道とは別に古の人々が利用した古道ルートがあります。

コース情報 · 2020/09/26
入笠山には周辺を「法華道」という、山梨県の身延山から法華宗(日連宗)を信州に伝えた古道が残っています。 今回のコースは、その法華道の一部を通り入笠山周辺を周回するコースです。

ガイド山行記 · 2020/08/26
登山ツアーのガイドで、尾白川渓谷と日向山に行ってきました。

現地情報 · 2020/07/09
入笠山は、富士見パノラマリゾートのゴンドラを利用すれば、初心者から楽しめる山です。夏には、ゴンドラで一気に標高1800mの地に降り立てば、天然のエアコンのような涼しさを感じられます。中央自動車道諏訪南ICより10分、中央本線富士見駅からはシャトルバスが運行され、アクセスもよく人気のハイキングスポットです。 入笠湿原では春から秋まで様々な花が咲き、ハイカーの目を楽しませてくれます。 今回は8月に入笠湿原で見られるお花を紹介します。

現地情報 · 2020/06/10
2020年6月10日(水)の入笠山・入笠湿原の様子です。 「すずらん」をはじめ、ズミ、クリンソウ、レンゲツツジなどの現在のお花の開花状況をお伝えします。

コース情報 · 2020/05/28
日向山は南アルプスの北部にある標高1,660mの山。山頂の白砂と花崗岩の独特の風景が印象的な山で、山頂からは八ヶ岳や甲斐駒ヶ岳などが望めます。 日帰りで初心者の方でも登りやすい入門コースで、5月の新緑の季節から10月下旬~11月初旬にかけての紅葉の時期まで楽しめる人気の登山コースです。 登山コースは、矢立石登山口から山頂まで約1時間半ですが、矢立石登山口の駐車スペースは10台ほどと狭いため、広い尾白川渓谷駐車場から登ることが推奨されています。そのため+約1時間をみて山頂までは2時間半かかります。 今回紹介するのは尾白川渓谷駐車場から山頂の往復コースで、途中で見られる歴史ある文化の遺物や山頂付近で見られる季節のお花などを紹介します。

コース情報 · 2020/05/01
 入笠山(にゅうかさやま)は、入笠湿原のスズランが有名な山で、登山の難易度としては高くなく、富士見パノラマリゾートからゴンドラを利用して、初心者から日帰りで手軽に登山を楽しめる山です。  しかも富士見パノラマリゾートは、電車の場合、JR中央本線の富士見駅からシャトルバスで10分、車の場合は中央自動車道南諏訪ICから10分と、電車でも車でもアクセスのよい場所です。  スズランのベストシーズンは6月で、例年、6月初旬から咲き始め、中旬から下旬ごろが見頃となります。  入笠湿原から入笠山を往復するのが一般的ですが、今回は、入笠山のオススメのコースをガイドします。

さらに表示する