奥秩父エリア(西部)


瑞牆山(みずがきやま)

瑞牆山は、奥秩父の西部山域にある標高2,230mの山。

日本百名山のひとつ。

全山が花崗岩でできた山で、風化や浸食により独特の岩峰がそびえる景観が、まるで浮世絵のようで美しい。

山頂からは、富士山、南アルプス、中央アルプス、八ヶ岳、北アルプスが展望できる。

初夏の頃には、アズマシャクナゲの花の群落、秋には岩峰と紅葉のコントラストが人気。

登山コースは、瑞牆山荘から富士見平小屋を経由し、山頂に至るものと、みずがき山自然公園から不動滝を経由して山頂に至る2つが一般的で、何れも山頂までの所要時間は3時間ほど。

 

アクセス:瑞牆山荘までは、中央自動車道須玉ICから車で約40分。瑞牆山荘までは山梨峡北交通の路線バスがJR中央本線韮崎駅から運行している。(所要時間約70分)。

みずがき山自然公園までは、中央自動車道須玉ICから車で約50分。こちらはバスは運行していない。