スノーシューの歩き方


スノーシュートレッキングの醍醐味


 

 

降り積もった雪の静かな森の中を、動物の足跡を追いかけながら、思い思いに自分だけのトレースを描いていく。

 

スノーシューの浮力のお陰で、コースを外れて深い雪の中も歩くことができる。

 

誰も歩いていないバージンスノーを狙って、ふかふかの雪と戯れる。

 

下りの斜面では、駆け降りることもできるのも楽しみのひとつ。

 

登りは、ヒールリフターを使えば、普通に歩いて登ることを考えたら、ずっと楽に歩ける。

 

普段は気付かなかった動物たちの鼓動を感じる。雪の上だと動物の足跡がはっきりと残り、そこにさっきまで、どんな動物がいたかがわかる、アニマルトラッキン

グも可能。ときには、本物の動物に出会えるかも。

 

普段は考えれない、湖上ウォーキングを楽しむこともできる。

 

高い山に登らなくても、自然の中に身を置き、これまでに感じたことのない解放感に酔いしれてみませんか。

 

 


スノーシューの歩き方


 

スノーシューの装着方法、歩き方、注意点など。

 

装着方法

   スノーシューを装着するときは、必ず雪のあるところで行う。

   スノーシューは通常左右があり、バックル(留め金)が外側になるようスノーシューを置き、靴の裏の雪を取り除いてから、足を置く。

   つま先のストラップから順に締め、最後にかかと側を締め、足をしっかり固定する。 

 

歩き方

   スノーシュー同士がぶつからないよう足を平行にして、少し開き気味にする。ハの字や逆ハの字になるとスノーシューの前後がぶつかるので、平行にする

   ことを心掛ける。

   大きなスリッパを履いたような感覚で前に進む。テール側は引きずってよい。

   また、スノーシューのときは、ポールを使うと歩行がより安定するので、セットで利用しよう。 

 

後 退

   スノーシューを履いて後ろに下がるのは危険! テールが引っかかって転倒する恐れもある。

    後ろに進みたいときは、回り込んで方向を変えるか、スキーのキックターンの要領で回転してから前に進みましょう。

 

登りの歩き方

   緩斜面では普通に歩けばよいが、急な斜面では、ずり落ちないよう、つま先を斜面に蹴りこんで「キックステップ」の要領で登る。

   ポールは、スノーシューの外側に刺し、体重がシューズの中心にかかるよう心掛ける。

   登りでは、ヒールリフト機能が力を発揮する。ヒールリフトは手やポールで上に持ち上げる。足の負担が軽減できる機能。

 

下りの歩き方 

   下り斜面では、雪面にかかと部分から降ろす感覚で足を運ぶ。前のめりになり過ぎないよう、かといって後ろに体を反らし、腰がひけないように。

   急斜面を降りる場合は、斜めの角度でジグザグに下りていく。

   緩斜面なら下りでは、駆け降りることもできる。