· 

7月の南八ヶ岳稜線で見られる高山植物

南八ヶ岳の稜線の高山植物

南八ヶ岳 高山植物 ガイド
南八ヶ岳の稜線

南八ヶ岳の稜線では、7月のツクモグサの開花にはじまり、チョウノスケソウ、オヤマノエンドウ、ハクサンイチゲ、キバナシャクナゲ、イワウメなどが次々に咲いていきます。7月になるとこれらの花は終盤を迎え、花の主役はコマクサやヤツガタケキスミレなどになっていきます。ここでは7月に南八ヶ岳の稜線で見られる高山植物を紹介します。

 

八ヶ岳 登山 高山植物 ガイド

7月の花の主役は何といってもコマクサです。硫黄岳山荘付近や硫黄岳山荘~台座の頭に登るところにコマクサの群生地があります。登山道の両側はネットで保護されています。

横岳~赤岳の稜線でもところどころで見られます。

八ヶ岳 登山 高山植物 ガイド
ヤツガタケキスミレ

八ヶ岳の固有種でもあるヤツガタケキスミレもこの頃に咲きます。横岳周辺の砂礫地にひっそりと咲いています。

7月に南八ヶ岳の稜線で見られる高山植物ギャラリー